いぼ・みずいぼ

尋常性疣贅(いぼ)

<原因>

ヒトパピローマウイルス(HPV)と呼ばれるウイルスの感染です。

HPVには多くの種類(型)があり、型の違いで症状が異なります。よくできる部位やいぼ一般的ないぼ(尋常性疣贅)の原因となるのは、主にHPV2型です。

皮膚にできた微細なキズからウイルスが入り込み、3~6か月を経て、いぼをつくります。

子どもに多くみられ、キズがつきやすい手や足の裏、顔などに多くできます。

通常は、痛みなどの自覚症状はほとんどありません。放置すると時に多発して、治るまでに時間がかかることがあります。根気よく治療しましょう。

他者への感染力は強くないため、プールやお風呂などを控える必要はありません

<治療>

■液体窒素凍結療法

-196℃液体窒素を使用します。 綿棒でいぼに塗布して 、いぼ組織を壊死させる方法です。 いぼは瞬間凍結されますが、この凍結・融解を繰り返すことにより不要な組織を破壊します。1~2週間に一回のペースでこの治療を繰り返すことで、少しずつ とれていきます。

■薬剤による治療

サリチル酸、ホルムアルデヒド、グルタルアルデヒド、トリクロロ酢酸、モノクロル酢酸、ポドフィリンなどがあります。

 

伝染性軟属腫(水いぼ)

<原因>

伝染性軟属腫ウイルスが感染してできる腫瘤です。プールや水場からよく感染します。子供やアトピー性皮膚炎、乾燥肌の方は肌が乾燥しているため、感染しやすいので十分保湿をしてください。

自然治癒もありますが、感染するため、数がふえ、幼稚園や保育園ではプールに入れないなど、日常生活に困ると思われるケースもあります。早めに治療計画をたてていくことが大切です。

<治療>

■ピンセットによる除去

ピンセットを用いて取り除きます。この時、痛みが強いので、ペンレスという麻酔のテープをはり、1時間ほどおいて麻酔が効くのを待って治療することもあります。

■内服治療

ヨクイニン(いぼに対しての免疫を高める効果があります。)