乾癬

乾癬

<乾癬の症状>

乾癬になると、皮膚が赤くなる「紅斑」、皮膚が盛り上がる「肥厚」、その表面を覆う銀白色の細かいかさぶたがつく「鱗屑(りんせつ)」、それがぼろぼろと剥がれ落ちる「落屑(らくせつ)」が起こります。乾癬の病変部では、皮膚の表面に角質が積み重なり、皮膚が厚くなっています。これは、皮膚のターンオーバーつまり新陳代謝が異常に活発になり、通常の約10倍の速さで皮膚が作られるためです。

現在、日本の乾癬患者さんは200人に一人から300人に一人と推計されています。欧米)に比べると発症率は少ないですが、近年の生活習慣の変化で、患者さんは少しずつ増えています。日本における男女比は2:1と、男性の方が多いとされています。

<乾癬の原因>

最近の研究から、乾癬の発症に免疫の異常が関与していることが明らかになってきました
本来、免疫は、細菌やウイルスなどから身を守るためにからだに備わっている仕組みですが、免疫に異常が生じると、自分自身を攻撃し炎症などの症状を引き起こしてしまうことがあります。乾癬では、TNF-α、インターロイキン(IL)-23、IL-12、IL-17などの「サイトカイン」が過剰に作られることにより、皮膚症状や関節症状が引き起こされると考えられています。乾癬になりやすい遺伝的素因があることがわかっています。遺伝的素因に様々な環境因子(不規則な生活、食事、ストレス、肥満、感染症、薬剤)などが加わると発症することがいわれています。

<注意すべき合併症>

乾癬の患者さんは一般(乾癬以外の皮膚疾患患者さん)と比べて、糖尿病、脂質異常症、高血圧とメタボリックシンドロームに関連する疾患との合併率が高いことが報告されています。

<乾癬の治療>

乾癬治療法には、外用療法(塗り薬)、光線療法、内服療法(飲み薬)、注射療法の4種類があります。

■ 外用療法
免疫の働きを抑えて炎症を抑える「ステロイド外用薬」、皮膚の細胞に働きかけて異常な増殖を抑える「ビタミンD3外用薬」が用いられます。

■ 光線(紫外線)療法
皮疹に紫外線を照射して症状の改善を促す治療です。UVA(長波長紫外線)を用いる「PUVA療法」、UVB(中波長紫外線)を用いる「UVB療法」や「ターゲット型光線療法」があり、皮疹の範囲に合わせ、紫外線を全身または部分的に照射します。

クリニックではエキシマライト光線療法を行っています。効果の高い308nmの紫外線を患部に照射して処置する最新の光線療法です。

308nmを選択的に照射することで、従来の紫外線療法(PUVA、ナローバンドUVB)よりも少ない回数で改善効果を認めやすく効果の持続も長いと言われています。

■内服療法
中等症から重症の比較的症状が重い乾癬に用いられます。飲み薬には、角質細胞の異常な増殖を抑える薬、免疫の過剰な働きを抑える薬、炎症を抑える薬が用いられます。

炎症を引き起こす物質の産生にかかわっている PDE4(ホスホジエステラーゼ 4)の働きを抑え、炎症反応 を抑制し、皮膚、口腔粘膜の症状を改善する経口ホスホジエステラーゼ(PDE4)阻害薬などを処方します。

■ 注射療法(生物学的製剤による治療)
生物学的製剤は、免疫細胞の情報伝達に用いられる「サイトカイン」の働きを弱めることで炎症を抑え、皮膚の新陳代謝を調整します。この注射は、使用が認められている機関のみで治療を受けることができます。